国際的な視野から見た観光研究 (観光文化 221号)

2014.04.10

観光文化221

特集  国際的な視野から見た観光研究
 

観光は、多様な学問領域とつながりを持った研究分野です。さらに、近年は国際化の流れのなかで、世界中の研究者が知見を交換し、積み上げ、新しい複合的な学術的知見を構築していくようになっています。その実現を、ICT(情報通信技術)環境の進展がさらに後押ししています。今号では、当財団が実施してきた自主研究の成果等を交えながら、国際的な視野からわが国の観光研究学界の置かれている状況を概観し、地域計画、交通運輸、マーケティング、造園学といった学問領域と観光との関わりについて紹介します。海外における観光研究の知見の日本への移入や適用、日本からの発信手法や今後の観光研究の方向性についての提言を試みます。

発行年月
2014年4月
判型・ページ数
A4判 66ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税
※価格の改定を行いました。

※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行中。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)
※年間定期購読はこちら

PDF版】 目次をクリックするとご覧いただけます。
 ※ PDF版の転載はご遠慮ください。

機関誌「観光文化」 バックナンバー