温泉まちづくり研究会

温泉まちづくり研究会

 温泉まちづくり研究会は、温泉地が抱える共通の課題について解決の方向性を探り、各地の温泉地の活性化に資することを目指す研究会です。会員温泉地の関係者や行政担当者、有識者などが集まり自由闊達に議論し、研究会で得られた情報や知見は、「提言」等にまとめ全国へ広く発信しています。

 本研究会は2008年4月に設立され、現在7つの温泉地(北海道阿寒湖温泉、群馬県草津温泉、三重県鳥羽温泉、兵庫県有馬温泉、愛媛県道後温泉、大分県由布院温泉、熊本県黒川温泉)を会員とし、公益財団法人日本交通公社(事務局)の自主研究(公益事業)の一環として運営されています。

設立の目的

 「温泉」は、老若男女を問わず、常に日本人の行きたい旅行タイプの上位にランクされる不動の人気を誇る旅行目的です。

 しかしながら、わが国の温泉地は、一部に好調なところもありますが、近年の旅行志向の変化に対応し切れていないなど様々な課題を抱えており、全般的には低迷を続けています。こうした課題は、個々の温泉地固有のものもありますが、多くの温泉地に共通するものも少なくありません。

 そこで、「温泉地」が抱える共通の課題を、温泉地の関係者とともに議論して解決の方向性を探り、その情報を広く発信して、国や自治体、関係機関等に提言するとともに、全国各地の温泉地の活性化に資することを目的として、本研究会を創設しました。

規約(PDF:10KB) 会員 概要 活動記録 進め方について 運営費

事業内容

毎年、参加する各温泉地と事務局にて協議しつつ固めていきます。

研究会資料

※2011年度以降の活動記録の詳細は、「温泉まちづくり研究会ホームページ」(http://www.onmachi.jp/activity/)をご参照ください。

2017年度