訪日市場(インバウンド)の動向に関する研究

概要

訪日市場(インバウンド)の動向に関する研究

訪日外国人旅行者の増加は著しく、訪日客の意向を調査することは、今後のわが国のインバウンド観光振興を考えるにあたり、非常に重要と考えられます。

本研究では、(株)日本政策投資銀行(以下DBJ)と共同で「DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査」を実施している他、主に訪日旅行商品の特徴や傾向を把握する「JTBF訪日旅行商品調査」などを実施しています。

各調査の概要・調査レポート

DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)では、多様化するインバウンド市場において、自治体や事業者がインバウンド施策を実施する際の基礎資料となるデータを広く発信することを目的として、2012年より継続的にアジア・欧米豪12地域(欧米豪は2016年より調査対象に追加)の海外旅行経験者を対象にインターネットによるアンケート調査を実施しています。2015年からは当財団(JTBF)と共同で調査を行い、以降、毎年、調査及び調査結果のリリースを行っています。

JTBF訪日旅行商品調査

パッケージツアーの利用率が高い台湾、香港、中国を対象に、これらの国・地域の旅行会社が造成している訪日旅行商品について、商品数や訪問地等の分析を継続して行っています。

この研究・事業の分類

関連する研究・事業
発注者 公益財団法人日本交通公社