工藤亜稀(研究員略歴)

2019.05.29
工藤 亜稀(KUDOU Aki)観光政策研究部 研究員
 私は、観光を通じて農村の価値を経済学的な視点から評価し、保全していくための活動を行いたいと考えています。近年、観光客のニーズや旅行スタイルが多様化し、日本ならではの農村風景や生活体験を求めて、国内外から多くの観光客が地方を訪れるようになっています。観光による農村の多面的機能の収益化が期待されますが、受け入れる側では、その景観や文化等の客観的価値の認識は必ずしも十分とは言えない状態にあります。そこで私は、観光客が地域に何を求め、どれだけ価値を感じるか、という需要側の視点も交えながら、経済学的視点による農村資源の評価を行い、それを顕在化し、現場に還元していけるような研究員を目指しています。

<専門領域>

農業経済学/計量経済学

<主な実績>

論文

  • 「震災被災地における宿泊業の復興と経営意欲に及ぼす要因分析―岩手県・宮城県を対象として―」, 2017年, 農業経営研究55巻2号

<略歴>

職歴

2019年4月 公益財団法人日本交通公社 研究員

 

学歴

2019年3月 千葉大学大学院園芸学研究科環境園芸学専攻博士前期課程 修了(農学)

 

出身地

岩手県

(最終更新:2019.5.28)