研究体制・研究員一覧

五木田 玲子

五木田 玲子(GOKITA Reiko)

観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員

専門領域
旅行市場分析/観光統計/地域資源の活用

美しく雄大な自然、その土地の歴史・文化や人のあたたかさにふれたときの感動。観光活動によってこういった感性は磨かれ、心の中に蓄積されることから、「観光は真の豊かさを測るものさし」とも言われています。“旅行を通じて人生が豊かになった!”、多くの方にそう感じて欲しいと考えています。地域の視点、旅行者の視点をともに大事にしながら、地域の方と一緒に考えることのできる研究員を目指しています。

主な実績

公職・委員等

  • 長井海の手公園あり方検討委員会委員(2012-13年度:神奈川県横須賀市)

自主研究

  • 旅行者調査(2014年度-)
  • 自然公園の望ましい利用に関する研究(2011年度-)
  • 観光資源の今日的評価に関する研究(2012-14年度)

受託調査研究

  • 「新しい富士登山のあり方」策定業務委託(2020年度:静岡県)
  • 新しい富士登山のあり方に係る調査・研究業務 (2020年度:静岡県)
  • 「コロナ禍における日本人旅行者の動向と沖縄が取り組むべき事項」に関する調査業務(2020年度:沖縄振興開発公庫)
  • 沖縄県外国人観光客実態調査(2017-20年度:沖縄県)
  • 沖縄県観光統計実態調査(2016-20年度:沖縄県)
  • 「国立公園満喫プロジェクト」推進業務(2016-20年度:環境省)
  • 沖縄観光に関する県民意識の調査及び分析委託業務(2017、19年度:沖縄県)
  • 十和田八幡平国立公園休屋休平地区持続可能性調査業務(2016年度:環境省)
  • 平成28年度国立公園における訪日外国人利用者数の推計調査業務(2016年度:環境省)
  • 雇用創出実践メニューに係る地域の観光資源を生かした新モデル観光商品等の開発指導(2016年度:久慈地域雇用創造協議会)
  • 平成27年度自然公園等における外国人利用者数の推計手法検討調査業務(2015年度:環境省)
  • 屋久島世界自然遺産地域における利用の適正化に向けた検討及び利用に関するモニタリング実施業務(2014-15年度:環境省)
  • 復興エコツーリズム推進モデル事業関連業務(2012-15年度:環境省)
  • 次世代ガイド育成手法構築調査委託(2013年度:東京都)
  • エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業関連業務(2013年度:環境省)
  • エコツーリズムにおける観光振興モデル構築に係る調査委託(2012年度:東京都)
  • 日光国立公園奥日光地域における協働型管理運営体制構築業務(2011-12年度:環境省)
  • 小笠原地区エコツーリズム推進業務(2010年度:環境省)
  • 観光地の魅力向上に向けた評価手法調査事業(2009年度:観光庁)
  • 京都観光影響調査(2009年度:京都市)
  • 佐世保市顧客満足度調査(2008-12年度:佐世保市)

科研費等研究

  • 持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法の開発(2014-16年度:環境研究総合推進費)

著書

  • 「国立公園の利用者意識に関する研究」2013年、「ECOツーリズム60号」、NPO法人日本エコツーリズム協会
  • 「なぜ国立公園は一般の人に認識されないのか」2012年、「グリーンレター34号」、公益信託富士フイルム・グリーンファンド
  • 「国立公園利用がもたらす効用・感動とは-自然公園利用者意識調査より-」2012年、「國立公園705号」、一般財団法人自然公園財団(共著)

論文

  • 「観光地における入域料等の支払い抵抗感と資源タイプ及び徴収方法との関連性」(2019年、ランドスケープ研究82(5), 579-582 、筆頭著者)
  • 「持続可能性指標を活用した観光地管理に関する実践的研究-奥日光をケースとして― 」(2017年、ランドスケープ研究10(0), 155-161 、共著)
  • 「Effectiveness of consensus-building methods using sustainable tourism indicators in the collaborative management of Japan’s national parks: a case study of the Oku-Nikko area in Nikko National Park」(2016年、The 8th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas(MMV))
  • 「日光国立公園奥日光地域における利用者の行動と意識に関する考察」(2016年、第127回日本森林学会大会学術講演集、筆頭著者)
  • 「持続可能性指標を活用した合意形成手法 に関する実践的研究-奥日光をケースとして-」(2016年、第127回日本森林学会大会学術講演集、共著)
  • 「国立公園における利用者モニタリング調査の実態および課題と自然保護官の意識」(2016年、ランドスケープ研究9(0), 1-6、共著)
  • 「山岳系国立公園利用者の感動,満足,ロイヤルティ,心理的効用の関係性」(2015年、ランドスケープ研究78(5),533-538、筆頭著者)
  • 「旅行動機がロイヤルティに及ぼす影響」(2014年、日本観光研究学会機関誌 26(1),1-6、共著)
  • 「An analysis of attitudes about paying user fees for nature areas in Japan」2014年、The 7th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas(MMV)
  • 「Psychological benefits of visiting national parks in Japan」2012年、The 6th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas(MMV)
  • 「Psychological benefits of national park visitors in Japan」2011年、The 17th International Symposium on Society and Resource Management (ISSRM)

講演等

  • 国際交流都市日光の再発見『観光モデルを留学生と考える』プロジェクトシンポジウム「奥日光健康診断と持続可能な観光地づくり」2019年、日光市
  • 観光分野における政策形成勉強会「観光地マーケテイングについて」2019年、広島市立大学社会連携センター
  • 琉大ツーリズムアカデミーオンライン講座「観光統計・観光消費等実態調査」2018年、琉球大学
  • 東京商工会議所セミナー「旅行市場の展望と課題とは︓日本人の旅行市場の動向」2017年、東京商工会議所
  • 「国立公園の利用に対する期待や満足度、自然保護官等研修特設(国立公園の利用を通じた地域活性化)講師」2016年、環境省
  • 「持続可能な観光・交流、第7回津別町まちなか再生協議会」2015年、筑波大学
  • 「自然公園の利用者意識調査・第3回地域指定制自然公園の有効性・課題検証国内専門家会合」2012年、世界保護地域委員会日本委員会
  • 「観光マーケティングのための観光統計データの利用について・SIG-DOCMASキックオフシンポジウム」2011年、データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会
  • 「観光マーケティングのための観光統計データの利用について・平成22年度日本OR学会北海道支部第1回講演会」2011年、日本オペレーションズリサーチ学会北海道支部

略歴

職歴

2004年4月 民間マーケティングリサーチ会社入社
2006年10月 財団法人日本交通公社 研究員
2013年6月 主任研究員
2020年9月 観光地域研究部 市場調査室長/主任研究員
2021年4月 観光文化振興部 企画室長/主任研究員
2021年6月 観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員

 

2017-19年度 琉球大学 非常勤講師

学会

日本造園学会
日本森林学会
日本観光研究学会

最終更新日: 2021.7.26

この研究員のコラム

コロナ禍における旅行市場の変化2 [コラムvol.456]

コロナ禍における旅行市場の変化2 [コラムvol.456]

観光庁「旅行・観光消費動向調査」によると、2020年の国内宿泊観光・レクリエーションにおける延べ旅行者数は9,183万人で、前年比46.5%減となりました。

コロナ禍における旅行市場の変化 [コラムvol.438]

コロナ禍における旅行市場の変化 [コラムvol.438]

旅行市場の二極化  コロナ禍において、旅行者数は大きく減少しました。観光庁「観光・消費動向調査」によると、7~9月の国内宿泊観光・レクリエーションにおける延べ旅行者数は2,837万人で、前年同期比47.3%減となりました・・・

海外旅行は国内旅行のライバル? [コラムvol.418]

海外旅行は国内旅行のライバル? [コラムvol.418]

2019年日本人海外旅行者、初の2,000万人超え  2019年の日本人の海外旅行者数は、1964年に海外渡航が自由化されてから初めて2,000万人を超えました。2015年には、近年急増する訪日外国人旅行者数と日本人海外・・・

「伝える」と「伝わる」 [コラムvol.395]

「伝える」と「伝わる」 [コラムvol.395]

気になる機内安全ビデオ  2019年のゴールデンウィーク10連休が終わりました。皆さんはどのように過ごしましたか?  海外旅行や国内旅行を楽しんだ、自宅でゆっくり過ごした、なかなか手を付けられなかったことにじっくり取り組・・・