研究体制・研究員一覧

磯貝 友希

磯貝 友希(ISOGAI, Yuki)

観光地域研究部 地域戦略室 研究員

専門領域
地域の歴史・文化を活用した観光地づくり

大学院では日本の中世文学を専攻し、主として『平家物語』に取りあげられる説話の成り立ちや変化を研究しておりました。また、『平家物語』に登場する史跡をはじめ、国内外を旅する中で、「歴史文化と観光」というテーマに強い興味を持つようになりました。

今は特に、地域を尊重しながら、その土地の文化を生かすような観光に関心があります。異なる分野からの挑戦ですが、日々新しいことを吸収し、早く皆様のお役に立てるよう成長していきたいと思っております。

主な実績

自主研究

  • 自然観光地の管理運営のあり方に関する研究(2018-19年度)

受託調査研究

  • 国立公園等資源整備事業(2019年度:環境省)
  • 外国人観光客実態調査事業(2018-19年度:沖縄県)
  • 「国立公園満喫プロジェクト」推進業務(2018-19年度:環境省)
  • 地域における観光まちづくりアドバイザー登録制度の構築事業実施委託(2018年度:東京観光財団)
  • 「はちのへエリア地域連携DMO」地域ブランドコンセプト構築事業業務委託(2018年度:八戸広域観光推進協議会)

略歴

職歴

2018年4月 公益財団法人日本交通公社 研究員

学歴

2018年3月早稲田大学大学院文学研究科人文科学専攻日本語日本文学コース 修士課程修了

出身地

東京都

最終更新日: 2021.10.1

この研究員のコラム

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]

近年、御城印、御宿場印といった、神社仏閣でいただく御朱印とは異なる“御朱印”の世界が静かに広がっている。神社仏閣の御朱印と同様に、筆書きの文字、朱印、日付などが記入されたものをいただき、集印帳に集めていくものだ。 この“・・・

コロナ禍における博物館・美術館の動向[Vol.430]

コロナ禍における博物館・美術館の動向[Vol.430]

新型コロナウイルスの感染拡大は、「三密」になりやすく感染リスクが高い屋内集客施設の運営に大きな影響を与えている。博物館・美術館も例外ではなく、東京・京都・奈良・九州の国立博物館4館等公立ミュージアムを始めとして、本年2月・・・

「歴史の語り直し」と観光地の魅力 [コラムvol.409]

「歴史の語り直し」と観光地の魅力 [コラムvol.409]

 初めてコラムを投稿いたします。観光地域研究部 磯貝です。  学生時代は日本の古典文学を専攻し、「どのように物語が語り継がれていくのか」を研究しました。現在は「歴史や物語が『観光』と結びついて語り直される」事象に関心を持・・・