研究体制・研究員一覧

中島 泰

中島 泰(NAKAJIMA Yutaka)

観光地域研究部 環境計画室長/上席主任研究員

専門領域
観光分野における持続可能性指標の導入、観光計画・戦略の策定支援

小学生の時、卒業文集に「飛行機にたくさん乗って旅行ができる仕事をしたい(実際はひらがな)」と書いていました。いま、夢かなって観光の仕事をしています。

未来の子供たちにとっても観光が夢のある仕事であり続けるよう、いま自分ができることに精一杯取り組んでいきたいと思います。そして「一緒に仕事ができて楽しかった」と言われる研究員となれるよう、これからも真摯に取り組んでまいります。

主な実績

公職・委員等

  • 沖縄県のサスティナブル・ツーリズムのあり方検討会 検討委員(2019年度:沖縄県)
  • 小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業 指導(2018-19年度:うるま市商工会)
  • 保全利用協定制度検討委員会 検討委員(2012-14年度、2020年度:沖縄県)
  • 環境共生型観光推進アクション委員会(2012年度:沖縄観光の未来を考える会)

自主研究

  • 観光地における持続可能性指標の導入に関する実践的研究(2014-20年度)
  • 観光指標と認証制度に関する実践的研究(2013年度)
  • 観光指標のあり方に関する研究(2012年度)
  • シンポジウム「持続可能な観光地づくりとキャリング・キャパシティ」(2011年度)

受託調査研究

  • エコツーリズム推進プラットフォーム業務(2020年度:沖縄県)
  • 国立公園満喫プロジェクト 推進業務(2017-20年度:環境省)
  • 保護地域の管理有効性評価に係る調査検討業務(2018-20年度:環境省)
  • 来訪者管理モニタリング業務(2018-19年度:富士山世界文化遺産協議会)
  • 富士山来訪者管理戦略策定支援業務(2014-17年度:山梨県)
  • 富士山の来訪者管理戦略における収容力調査研究業務(2015-17年度:静岡県)
  • 沖縄観光成果指標・認証制度検討事業(2013年度:沖縄県)
  • 第5次沖縄県観光振興基本計画策定事業(2011年度:沖縄県)
  • 沖縄の観光産業の魅力向上に向けた検討調査(2011年度:沖縄総合事務局)
  • エコリゾートアイランド沖縄推進事業(2010-11年度:沖縄県)
  • 持続可能な観光地づくり支援事業(2008-09年度:沖縄県)

論文

  • 「富士登山における安全で快適な群衆密度と混雑状況の関係」2019年、ランドスケープ研究82巻5号
  • 「持続可能性指標導入に向けた国内観光地における指標設定の現状と課題」2013年、第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集(共著)

略歴

職歴

2005年4月 財団法人日本交通公社 研究員
2011年 主任研究員
2019年 上席主任研究員
2020年 観光地域研究部 地域計画室長/上席主任研究員
2021年 観光地域研究部 環境計画室長/上席主任研究員

 

2012-21年度 琉球大学非常勤講師

学歴

2005年3月 東京大学工学系研究科修士課程修了

学会

日本観光研究学会
日本森林学会
日本造園学会

最終更新日: 2021.4.14

この研究員のコラム

TOKYO FUNECTION -コロナ禍の水辺で [コラムvol.442]

TOKYO FUNECTION -コロナ禍の水辺で [コラムvol.442]

 東京で今年も桜が満開を迎えている。  千鳥ヶ淵、隅田川、そして目黒川など東京中の水辺に、大小さまざまな舟が行き交う光景。コロナ禍によって例年通りとはいかないけれど、会話を控えめに、そして水面を抜ける風に吹かれながら桜を・・・

withコロナ時代の観光 ~トラベルバブルについて[Vol.422]

withコロナ時代の観光 ~トラベルバブルについて[Vol.422]

新型コロナウイルスの流行に伴い全国に発令されていた緊急事態宣言が、5月25日に全面解除となった。今後は各業界において段階的に経済活動の再開が進んでいくことが想定され、旅行・観光分野においては、まず国内旅行から回復し、その・・・

七夕の夜は水辺で乾杯 [コラムvol.400]

七夕の夜は水辺で乾杯 [コラムvol.400]

7月7日、七夕の日曜日。織姫と彦星が年に一度だけ出会う夜。全国的にあいにくの空模様となったが、水辺は大いに盛り上がっていたらしい。もちろん、ここでいう水辺は天の川のことではない、日本全国の川・海・湖・運河などのリアルな水・・・

SDGsと観光 [コラムvol.378]

SDGsと観光 [コラムvol.378]

2017年 持続可能な観光国際年  2017年は、国連が定める「持続可能な観光国際年(International Year of Sustainable Tourism for Development: IY2017)」・・・