研究体制・研究員一覧

福永 香織

福永 香織(FUKUNAGA, Kaori)

観光政策研究部 活性化推進室 主任研究員

専門領域
観光計画、観光地経営、まちづくり、民俗学、博物館学

学生時代から主に中山間地域のまちづくりに関わり、1年の半分を地域で過ごす生活を送ってきました。こうした取り組みの中で、地域の人々や現場から多くのことを教わると同時に、地域が抱えている様々な問題を目の当たりにしてきました。

こうした課題を共に考え、地域全体が幸せになる観光まちづくりのお手伝いをすることで、地域に恩返しがしたい。そう思ったのが現在の仕事についたきっかけです。

地域の皆さんの想いや地域特性を大切にしながら、実践もふまえた適切な解決策を提案できる研究員でありたいと思っています。

主な実績

自主研究

  • これからの観光政策に関する研究(2019-20年度)
  • 温泉まちづくり研究会(2010-13年度、2020年度)
  • アジアの観光研究の潮流に関する研究(2015年度)
  • 観光・交流に対する住民意識に関する研究 (2010-12年度)

自主事業

  • 観光地経営講座(2019-20年度)
  • アジアの研究者・研究機関との研究交流とネットワーク構築(2017-18年度)
  • アジアの観光研究に関する情報プラットフォームの構築(2016年度)
  • 韓国文化観光研究院(KCTI)との研究交流会議(2015-18年度)
  • 旅行動向シンポジウム(2015-18年度)
  • たびとしょcafe(2015-18年度)

受託調査研究

  • 観光財源に係る調査業務 (2020年度:神戸市 )
  • 白馬村宿泊産業イノベーション研修実践事業(2020年度:白馬村 )
  • 白馬村宿泊事業者実態調査業務(2020年度:白馬村 )
  • 白馬村観光地経営会議等運営支援業務(2019-20年度:白馬村)
  • 中期アクションプログラム管理推進支援業務(2019-20年度:鳥羽市)
  • 湯沢町版DMO設立支援業務(2020年度:湯沢町)
  • 観光振興財源検討支援業務委託(2019年度:富良野市)
  • 湯沢町版DMO設立に向けた方向性の検討業務(2019年度:湯沢町)
  • 道の駅から発信するオリジナルブランド創出による地域活性化推進業務委託(2019年度:茅ヶ崎市)
  • 2019年度由布市観光アーカイブ支援業務(2019年度:(一社)由布市まちづくり観光局)
  • 川越市まちなか再生支援事業(2013年度:川越市)
  • 平成25年度三重県観光客実態調査事業(2013年度:三重県)
  • 鳥羽市宿泊産業活性化推進事業(2010-12年度:鳥羽市)
  • 富士山・富士五湖観光圏顧客満足度調査事業(2010-12年度:富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会)
  • 胎内市観光サインマスタープラン策定業務(2010-11年度:胎内市)
  • 由布市観光基本計画策定業務(2010年度:由布市)
  • 鳥羽市観光産業活性化戦略策定業務(2009年度:鳥羽市)
  • 国際観光地プロモーションモデル事業(2008年度:(財)沖縄観光コンベンションビューロー)

科研費等研究

  • 日本の観光政策の変遷に関する学際的・実証的研究 ー戦前期の観光関連組織に着目して(2020年度~、基礎研究(C)、研究代表者)

著書

  • 「観光地経営の視点と実践」2013年、公益財団法人日本交通公社編著

論文

  • 「温泉地における安定的なまちづくり財源に関する研究―入湯税を中心として―」2015年9月、『観光研究Vol.27 No.1』、日本観光研究学会(共著)
  • 「広域連携による一体的なサイン整備を可能とする仕組みに関する考察-長野県木曽地域を事例として-」2013年、日本観光研究学会第28回全国大会論文集
  • 「観光に対する住民意識に関する基礎的研究」2012年、日本観光研究学会第27回全国大会論文集(共著)
  • 「観光地における観光案内サインの計画的整備に関する考察 ―三重県鳥羽市を事例として―」2010年、日本観光研究学会第25回全国大会論文集(共著)
  • 「集落の維持管理作業における外部支援の実態分析-長野県白馬村青鬼集落を事例として-」2008年、農業農村工学会関東支部大会講演会講演要旨
  • 「重要伝統的建造物群保存地区における過疎・高齢化の実態と観光地化との関係性 -長野県白馬村青鬼集落を事例として-」(2006年、日本観光研究学会第21回全国大会論文集

略歴

職歴

2006年4月 財団法人日本交通公社 研究員
2016年6月 観光文化情報センター 主任研究員
2016年7月 観光文化情報センター 企画室長 主任研究員
2017年4月 観光文化情報センター 旅の図書館長 企画室長 主任研究員
2019年4月 観光政策研究部 主任研究員
2021年4月 観光政策研究部 活性化推進室 主任研究員

 

2012-14年度 立教大学観光学部兼任講師
2020年度 琉球大学非常勤講師

学歴

2006年3月 筑波大学大学院環境科学研究科環境科学専攻博士前期課程修了

学会

日本観光研究学会
農村計画学会
観光学術学会

資格

学芸員

最終更新日: 2021.4.7

この研究員のコラム

観光地のレジリエンスを考える [コラムvol.445]

観光地のレジリエンスを考える [コラムvol.445]

はじめに  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国際的な感染拡大は、観光業をはじめとした経済全般に大きな打撃を与えている。ポストコロナの観光地のあり方などが議論される場面で頻繁に登場するのは「レジリエンス」もし・・・

ワーケーションの定着に必要な地域の取り組みとは[Vol.425]

ワーケーションの定着に必要な地域の取り組みとは[Vol.425]

 昨年7月、当財団では、主に業務を目的とした旅行に休暇を組み合わせる〝ブリージャー(Bleisure)〞や、休暇を目的とした旅行に業務を組み合わせる〝ワーケーション(Workation)〞を中心としたビジネストラベルの現・・・

地域としての強みにつながるデジタルアーカイブとは [コラムvol.403]

地域としての強みにつながるデジタルアーカイブとは [コラムvol.403]

はじめに  地域のまちづくりや観光地としてのあり方を考えていく上では、地域がどのような歴史を歩んできたのか、先人がどういったことを考えて何を形づくってきたのかをふりかえることはとても重要なプロセスになります。  私たちは・・・

木下淑夫と日本の観光政策 [コラムvol.380]

木下淑夫と日本の観光政策 [コラムvol.380]

 1978年に「観光文化資料館」として誕生した旅の図書館(1999年に現在の名称に改称)は2018年10月で開設40周年を迎えます。開設以来、ガイドブック、機内誌、時刻表、統計資料といった観光関連の図書や資料を収集してい・・・