最新号:観光文化

持続可能な観光 (観光文化 235号)

観光文化2017年10月・235号

特集 持続可能な観光


 国連は当年を「持続可能な国際観光年」と定め、観光の視点から持続可能性を高める呼びかけをおこなっています。
 また当財団でも自主・受託事業を通じて同テーマに取り組んできました。
 しかし、これまでは理論・概念からの整理が主で、現場の視点からの整理・分析が不足しています。そこで、本特集では、具体的な事例を中心に持続可能な観光を分析し、持続可能な観光の「現場」での「実践」に向けた提言をおこなっています。

発行年月
2017年10月
判型・ページ数
A4判 54ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)にてPOD版を発行予定。
  (本書は当サイトでの販売は行っておりません。)
「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】 目次をクリックするとご覧いただけます。
 ※ PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化235号(2017年10月)・電子版(PDF版)

観光文化 235号(全ページ)

表紙・巻頭言・目次

表紙
巻頭言持続可能な取組に不可欠な『笑顔』の理由 平田 大一
目次

特集 持続可能な観光

特集1座談会 旅と持続可能性
石森 秀三、青山 佳世、シェルパ斉藤
特集2世界の潮流 持続可能な観光国際年における各地の取り組み
中島 泰
特集3事例報告 現場に学ぶ解決力
ケース1 知床 自然保護地域における持続可能な観光        秋葉圭太
ケース2 奥入瀬 通過型観光から滞在型観光への転換        河井大輔
ケース3 海女文化 伝統産業とサスティナブルツーリズム
      ~海女文化から学ぶ環境伝統知~            加藤久美
ケース4 綾町 地域の産業・人々の生活文化そのものが観光資源   曽我 傑
ケース5 南城市 地元住民が主体となった資源の活用と保全     喜瀬斗志也
ケース6 座間味村 島の健康診断プロジェクト―沖縄県座間味村を例に 中島 泰
ケース7 恩納村 「世界一サンゴにやさしい村」を目指す恩納村   山岸 豊
ケース8 真喜屋 真喜屋の滝の保全と利用             小林政文
視座
持続可能を考える
寺崎 竜雄
観光研究レビュー1
第23回APTA年次国際会議参加報告
福永 香織
活動報告
第9回たびとしょCafeを開催
福永 香織

連載

連載Ⅰ私の研究と観光 第9回
「モノからコト」の時代の、旅と観光
守口 剛
連載Ⅱわたしの1冊 第10回
『風景学入門』 中村良夫著 中公新書
安島 博幸
旅の図書館だより
No.2 ―リニューアル開館1周年を迎えて
大隅 一志
「持続可能な観光」関連図書リスト(旅の図書館蔵書)

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー

  180号よりPDF版を公開しています。
  各号のPDF版の転載はご遠慮ください。
  214号以前、215号~228号、229号以降で価格が異なります。
  定期購読はこちら