五木田玲子(研究員略歴)

2013.07.03
五木田 玲子(GOKITA Reiko)観光地域研究部 主任研究員
 美しく雄大な自然、その土地の歴史・文化や人のあたたかさにふれたときの感動。観光活動によってこういった感性は磨かれ、心の中に蓄積されることから、「観光は真の豊かさを測るものさし」とも言われています。“旅行を通じて人生が豊かになった!”、多くの方にそう感じて欲しいと考えています。地域の視点、旅行者の視点をともに大事にしながら、地域の方と一緒に考えることのできる研究員を目指しています。 

<専門領域>

 自然観光地の利用者意識/観光統計/満足度調査/地域資源の活用

<主な実績>

公職・委員等

  • 長井海の手公園あり方検討委員会委員(2012-13年度:神奈川県横須賀市)

自主研究

  • 自然公園の望ましい利用に関する研究(2011年度-)
  • 観光資源の今日的評価に関する研究(2012-14年度)

受託調査研究

  • 平成27年度自然公園等における外国人利用者数の推計手法検討調査業務(2015年度:環境省)
  • 屋久島世界自然遺産地域における利用の適正化に向けた検討及び利用に関するモニタリング実施業務(2014-15年度:環境省)
  • 復興エコツーリズム推進モデル事業関連業務(2012-15年度:環境省)
  • 次世代ガイド育成手法構築調査委託(2013年度:東京都)
  • エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業関連業務(2013年度:環境省)
  • エコツーリズムにおける観光振興モデル構築に係る調査委託(2012年度:東京都)
  • 日光国立公園奥日光地域における協働型管理運営体制構築業務(2011-12年度:環境省)
  • 小笠原地区エコツーリズム推進業務(2010年度:環境省)
  • 観光地の魅力向上に向けた評価手法調査事業(2009年度:観光庁)
  • 京都観光影響調査(2009年度:京都市)
  • 佐世保市顧客満足度調査(2008-12年度:佐世保市)

科研費等研究

  • 持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法の開発(2014-16年度:環境研究総合推進費)

著書

  • 「国立公園の利用者意識に関する研究」2013年、「ECOツーリズム60号」、NPO法人日本エコツーリズム協会
  • 「なぜ国立公園は一般の人に認識されないのか」2012年、「グリーンレター34号」、公益信託富士フイルム・グリーンファンド
  • 「国立公園利用がもたらす効用・感動とは-自然公園利用者意識調査より-」2012年、「國立公園705号」、一般財団法人自然公園財団(共著)

論文

  • 「日光国立公園奥日光地域における利用者の行動と意識に関する考察」(2016年、第127回日本森林学会大会学術講演集、筆頭著者)
  • 「持続可能性指標を活用した合意形成手法 に関する実践的研究-奥日光をケースとして-」(2016年、第127回日本森林学会大会学術講演集、共著)
  • 「国立公園における利用者モニタリング調査の実態および課題と自然保護官の意識」(2016年、ランドスケープ研究9(0), 1-6、共著)
  • 「山岳系国立公園利用者の感動,満足,ロイヤルティ,心理的効用の関係性」(2015年、ランドスケープ研究78(5),533-538、筆頭著者)
  • 「旅行動機がロイヤルティに及ぼす影響」(2014年、日本観光研究学会機関誌 26(1),1-6、共著)
  • 「An analysis of attitudes about paying user fees for nature areas in Japan」2014年、The 7th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas(MMV)
  • 「Psychological benefits of visiting national parks in Japan」2012年、The 6th International Conference on Monitoring and Management of Visitors in Recreational and Protected Areas(MMV)
  • 「Psychological benefits of national park visitors in Japan」2011年、The 17th International Symposium on Society and Resource Management (ISSRM)

講演等

  • 「国立公園の利用に対する期待や満足度、自然保護官等研修特設(国立公園の利用を通じた地域活性化)講師」2016年、環境省
  • 「持続可能な観光・交流、第7回津別町まちなか再生協議会」2015年、筑波大学
  • 「自然公園の利用者意識調査・第3回地域指定制自然公園の有効性・課題検証国内専門家会合」2012年、世界保護地域委員会日本委員会
  • 「観光マーケティングのための観光統計データの利用について・SIG-DOCMASキックオフシンポジウム」2011年、データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会
  • 「観光マーケティングのための観光統計データの利用について・平成22年度日本OR学会北海道支部第1回講演会」2011年、日本オペレーションズリサーチ学会北海道支部

<略歴>

職歴

2004年4月 民間マーケティングリサーチ会社入社
2006年10月 財団法人日本交通公社 研究員
2013年6月 主任研究員

 

学会

日本造園学会
日本森林学会
日本観光研究学会

研究員コラム

(最終更新:2016.04.15)