牧野博明(研究員略歴)

2007.08.28
makino
牧野 博明(MAKINO Hiroaki)観光政策研究部 主任研究員
 近年、学習要素を含む新たな観光タイプ(ニューツーリズム)の1つとして、産業遺産観光(ヘリテージ・ツーリズム)や産業観光が注目されています。「学習」や「産業」という言葉には非常に重たいイメージがつきまといがちですが、主目的は「旅行」「観光」であり、楽しく過ごせることが最も重要です。そのような視点でのヘリテージ・ツーリズム及び産業観光を提案し、地域の活性化に努めてまいります。 

<専門領域>

 ヘリテージ・ツーリズム、産業観光、観光交通、観光計画、観光入込調査・経済波及効果

<主な実績>

公職・委員等

  • 姫路市歴史文化基本構想策定研究会(2011年度)
  • 川口商工会議所産業観光ネットワーク推進委員会委員(2006年度)

自主研究

  • 旅行の医学的効果に関する研究(2002-005年度)
  • ヘリテージ・ツーリズムの可能性に関する研究(2003年度)

受託調査研究

  • 平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(展示会産業の国際化・活性化推進のための人材育成基盤整備・関連事業調査)(2013年度:経済産業省)
  • 宿泊施設における情報提供制度の導入・普及促進事業(2013年度:観光庁)
  • 妙高の魅力再発掘と観光モデルルート開発のための調査研究事業(2010年度:新井商工会議所)
  • 平成21年度国際観光戦略モデル事業(2009年度:沖縄県)
  • 平成20年度国際観光地プロモーションモデル事業(2008年度:財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)
  • 神奈川県観光産業に関する基礎調査(2008年度:神奈川県)
  • 宿泊産業の生産性向上等推進事業(2008年度:観光庁)
  • 青森県観光物産館(アスパム)今後の事業展開に関する検討調査(2007-08年度:(社)青森県産業振興協会)
  • 平成18年度民間資金活用等経済政策推進費(近代化産業遺産の保全・活用におけるPFI導入可能性調査)(2006年度:経済産業省)

著書

  • 「創業1912年から1世紀 創発的進化へ向けて ~調査研究専門機関 50年の歴史~」2014年3月、公益財団法人日本交通公社(共著)
  • 『産業観光への取り組み』2007年、(財)日本交通公社(共著)

論文

  • 「温泉地での長期滞在によるストレス低減効果の検証及び短期ツアーとの比較」2010年、観光研究vol.21、No.2
  • 「旅行のストレス低減効果に関する精神神経内分泌学的研究」2008年、観光研究vol.19、No.2
  • 「産業遺産の観光活用事例の類型化に関する研究」2002年、日本観光研究学会第17回全国大会論文集
  • 「観光地特性を考慮した観光地魅力度の定量的評価に関する調査分析」2001年、土木計画学研究・講演集、No.24

講演等

  • 産業遺産の活用と『ヘリテージ・ツーリズム』の振興について(2005年3月:いわき商工会議所)

<略歴>

職歴

1995年4月 財団法人日本交通公社 研究員
2005年6月主任研究員
2009年4月総務部企画課長

2011-13年度琉球大学非常勤講師
2013年度立教大学非常勤講師

学歴

1995年3月東京大学工学系研究科土木工学専攻修士課程修了

学会

土木学会
日本観光研究学会

出身地

広島県

研究員コラム

(最終更新:2014.07.18)