最新号:観光文化

株式会社型DMOという挑戦(観光文化 244号)

観光文化2020年1月・244号
PDFで見る
WEBで見る

特集 株式会社型DMOという挑戦

 DMOは、地方創生、特に観光振興による地域経済の活性化への期待を背景に、全国的な展開を見せている。大半のDMOは、非営利法人として公益的な役割を果たすことによって、地域活性化に貢献することを目指している。
 しかし、少数ではあるが、株式会社として、あるいは株式会社を設立して、地域で事業を運営し、地域活性化に貢献することを目指すDMOも存在する。
 本特集は、こうした「株式会社型DMO」に注目したものである。なぜ、地域に株式会社としてのDMOが必要であったのか、どのような組織・事業で地域の活性化に取り組んでいるのか。現地の関係者、設立に関わった専門家への取材に基づき、その実態や今後の課題、展望について考察する。

発行年月
2020年1月
判型・ページ数
A4判 72ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)よりPOD版を発行中。
(本書は当サイトでの販売は行っておりません。)

「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】※PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化244号(2020年1月)

観光文化 244号(全ページPDF)

表紙・巻頭言・目次

表紙  
巻頭言「笑顔」が誘う魅力ある観光地域づくり~観光推進組織の使命を問う~ 木村 宏

特集 株式会社型DMOという挑戦

特集1株式会社型DMOを概観する 中野 文彦
特集2事例にみる株式会社型DMO
阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社/NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構
大雪山ツアーズ株式会社
株式会社NOTE/一般社団法人ノオト
株式会社ディスカバーリンクせとうち
株式会社ものべみらい/一般社団法人物部川DMO協議会
株式会社有田まちづくり公社
【参考事例】一般社団法人BOOT
中野 文彦
川村 竜之介
武智 玖海人
特集3インタビュー:専門家からみた株式会社型DMO 藤田 直人
竹下 省吾
田蔵 大地
視座 株式会社型DMOの課題と展望 中野 文彦

活動報告

第18回たびとしょcafe 銀座のまちづくり~変わり続けるまちのルール~ 竹沢 えり子
第29回旅行動向シンポジウムを開催 観光文化情報センター 企画室

[連載] わたしの一冊

第17回『坂の上の雲』司馬遼太郎 宮崎 光彦

[連載] 観光を学ぶということ ゼミを通して見る大学の今

第5回 関西学院大学 荒山ゼミ 荒山 正彦

お知らせ

「旅の図書館」にある特集関連の蔵書、出版物案内
「旅の図書館」のご案内
奥付  

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー

  180号よりPDF版を公開しています。
  各号のPDF版の転載はご遠慮ください。
  214号以前、215号~228号、229号以降で価格が異なります。
  定期購読はこちら