最新号:観光文化

現場に問う、新たな市場の展望~コロナ禍での現状と課題Part3~(観光文化 248号)

観光文化2021年2月・248号
PDFで見る
WEBで見る

特集 現場に問う、新たな市場の展望~コロナ禍での現状と課題Part3~

 

 登山・トレッキングやグランピング、分散型ホテルなど、3密を回避しながら楽しむ旅行スタイルやレジャーが注目を集めています。オンラインツアーやワーケーション、ホテルステイなども認知されるようになってきました。
 今号では、コロナ禍で注目を集める新たな市場、旅行スタイルやレジャーを取り上げ、その現状と課題、今後の展望などを、地域や関係事業者の方々への取材を踏まえてまとめました。

発行年月
2021年2月
判型・ページ数
A4判 76ページ
価格
定価1,100円(本体1,000円 + 税)

※オンライン書店(Amazon.co.jp)よりPOD版を発行中。
(本書は当サイトでの販売は行っておりません)

「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】※PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化248号(2021年2月)

観光文化 248号(全ページPDF)

表紙・巻頭言

表紙  
巻頭言新たな需要を観光復興への足がかりに 杉山 武彦

特集現場に問う、新たな市場の展望~コロナ禍での現状と課題Part3~

特集1市場調査【1】コロナ禍における観光レクリエーション~これまでの経験と今後の意向 寺崎 竜雄、安原 有紗
特集2事例集 コロナ禍の最中に見いだした、6つの明るい兆し
   野外レクリエーション 寺崎 竜雄
   グランピング 山田 雄一
   分散型ホテル 吉澤 清良
   オンラインツアー・体験 中野 文彦
   ワーケーション 守屋 邦彦
   ホテルステイ 菅野 正洋
特集3座談会 白馬村、オールシーズン・山岳リゾートへの挑戦 福島 洋次郎、倉田 保緒、和田 寛
吉澤 清良、福永 香織
特集4市場調査【2】コロナ禍下の国内旅行市場の動向とオピニオンリーダー層の旅行意向 塩谷 英生
インタビュー人材ビジネスの立場からみたパンデミックの影響と今後の展望 内倉 広輔
視座現場に問う、新たな市場の展望~魅力ある経験価値の創造と提案 吉澤 清良

活動報告

「第30回 旅行動向シンポジウム」開催記録 観光文化情報センター 企画室
「日韓国際観光カンファレンス2020」開催記録 観光文化情報センター 企画室

[連載] 観光を学ぶということ ゼミを通して見る大学の今

第9回 東京大学大学院 都市デザイン研究室 中島 直人

[連載] わたしの一冊

第20回『日常の奇跡―安藤誠の世界―』安藤誠著 大西 雅之

お知らせ

新刊案内(旅の図書館 蔵書から)  
機関誌『観光文化』バックナンバーの紹介  

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー

  180号よりPDF版を公開しています。
  各号のPDF版の転載はご遠慮ください。
  214号以前と215号以降で価格が異なります。
  定期購読はこちら