最新号:観光文化

現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~(観光文化 246号)

観光文化2020年8月・246号
PDFで見る
WEBで見る

特集 現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~

 2019年、中国・武漢市で報告された原因不明の肺炎は、「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症)と名付けられ、今や世界中に拡散。我が国でも3月下旬以降の感染者が急増し、世界的な大流行にあって「東京オリンピック・パラリンピック」も延期、4月には「緊急事態宣言」が出され、外出自粛などの徹底が呼びかけられました。
 今回のコロナ禍の発生に伴い、多くの観光地がかつてない甚大な被害を受けることになりましたが、大型連休があけた頃から、世間では「With/Postコロナ時代の観光」が盛んに言われるようになってきました。
 今回の『観光文化』では、「現場で語る、持続可能な観光の本質―コロナ禍での現状と課題」を特集しています。この中で、強く意識したのは「現場」。第一線で活躍されている我が国を代表する観光事業者から、こうした厳しい時期に考えたことや学んだことなどについて伺い議論を行いました。本号では、現場の声から持続可能な観光の本質について考えます。

発行年月
2020年8月
判型・ページ数
A4判 72ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

(本書は当サイトでの販売は行っておりません。)

「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】※PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化246号(2020年8月)

観光文化 246号(全ページPDF)

表紙・巻頭言

表紙  
巻頭言地域との共存共栄の大切さ 石森 秀三

特集 現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~

特集1オンライン座談会【1】 コロナ禍における北海道の自然観光 植田 拓史、岡崎 哲三、寺山 元、愛甲 哲也、寺崎 竜雄
特集2ウェビナー withコロナ、postコロナにおけるDMOの取り組み 井口 智裕、清永 治慶、山田 一誠、山田 雄一
特集3オンライン座談会【3】 温泉旅館(温泉地)が考えるWith/Postコロナ 大西 希、田村 公佑、吉川 好信、當谷 逸郎、奥村 敏仁
冨永 希一、武田 亮介、福永 香織、山田 雄一
特集4現場型研究者の実践
     アドベンチャートラベル担い手の危機 藤崎 達也
     コロナによって顕在化した観光の課題 小林 寛子
特集5知床・小笠原・屋久島で考えた観光のゆくえ 松本 毅、吉井 信秋、松田 光輝、松崎 哲哉、寺崎 竜雄
視座 現場に学ぶ「持続可能な観光の本質」 寺崎 竜雄

観光研究最前線

諸外国におけるCOVID-19対応ガイドラインー2020年4〜5月の状況 守屋 邦彦
新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向〜JTBF旅行実態調査結果より 五木田 玲子

[連載] わたしの一冊

第19回『ベルツの日記』トク・ベルツ編/菅沼竜太郎訳 中澤 敬

[連載] 観光を学ぶということ ゼミを通して見る大学の今

第7回 文教大学 海津ゼミ 海津 ゆりえ

お知らせ

「旅の図書館」にある特集関連の蔵書
奥付

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー

  180号よりPDF版を公開しています。
  各号のPDF版の転載はご遠慮ください。
  214号以前、215号~228号、229号以降で価格が異なります。
  定期購読はこちら