観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~(観光文化 243号)

2019.10.10

観光文化2019年10月・243号

特集 観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~

 図書館は、最も多くの利用がある公共施設のひとつだと言われています。皆さんもお住まいの地域の図書館に、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。
多くの方々で賑わう図書館には、様々な種類の書籍や資料等が所蔵されていますが、特に郷土関係の資料は群を抜いて充実しています。図書館は、まさに地域の知的遺産の宝庫なのです。
昨今、旅行者の中には、旅先の歴史や伝統をより深く知りたい、地域の人とふれあいたい、という方も増えてきました。しかし、旅行者を図書館で見かけることはほとんどありません。
今回の特集では、全国各地の図書館の事例等から、観光と図書館の接点、観光と図書館の連携・融合に向けたヒントを探っていきます。

発行年月
2019年10月
判型・ページ数
A4判 60ページ
価格
本体価格 1,000円 + 税

※オンライン書店(Amazon.co.jp)よりPOD版を発行中。
(本書は当サイトでの販売は行っておりません。)

「観光文化」年間定期購読はこちら

PDF版】※PDF版の転載はご遠慮ください。

観光文化243号(2019年10月)

観光文化 243号(全ページ)

表紙・巻頭言・目次

表紙  
巻頭言「うとぅいむち」の心を図書館から 長浜 善巳
目次  

特集 観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~

特集1図書館を取り巻く動向と観光振興 吉澤 清良
特集2事例に学ぶ、図書館を活かした地域の観光魅力づくり
高山市図書館「煥章館」 西田 純一
八戸ブックセンター 音喜多 信嗣
恩納村文化情報センター 大隅 一志
奈良県立図書情報館 乾 聰一郎
甲州市立勝沼図書館 古屋 美智留
小布施町立図書館 市村 勝巳
千代田区立千代田図書館 井上 理江
東近江市立八日市図書館 山梶 瑞穂
伊那市立高遠町図書館 諸田 和幸
コラム愛知県図書館「二度目の旅は図書館から」 大隅 一志
コラム大好物は郷土資料 眞鍋 じゅんこ
特集3対談:観光と図書館 連携と活用の可能性をあらためて考える 嶋田 学、猪谷 千香
コラム半世紀以上も前に提唱されていた“観光と図書館”
視座 観光と図書館~地域の観光に図書館はどう寄与できるか~ 吉澤 清良、大隅一志
地域の観光に寄与する図書館注目事例

活動報告

第17回たびとしょcafe  東北1000kmをつなぐ“みちのく潮風トレイル” 櫻庭 佑輔

[連載] わたしの一冊

第16回『外食産業創業者列伝』牛田泰正著 中村 裕

[連載] 観光を学ぶということ ゼミを通して見る大学の今

第4回 琉球大学 国際地域創造学部 観光社会学ゼミ 越智 正樹

お知らせ

機関誌 観光文化・出版物のご案内
旅の図書館のご案内

 

機関誌「観光文化」 バックナンバー