研究員紹介・コラム

磯貝 友希

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]
  • 旅行者動向
  • 観光資源

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]

観光地域研究部 地域戦略室 研究員 磯貝 友希

近年、御城印、御宿場印といった、神社仏閣でいただく御朱印とは異なる“御朱印”の世界が静かに広がっている。神社仏閣の御朱印と同様に、筆書きの文字、朱印、日付などが記入されたものをいただき、集印帳に集めていくものだ。 この“・・・

コロナ禍における博物館・美術館の動向[Vol.430]
  • 観光政策・観光地経営
  • 観光と社会の潮流

コロナ禍における博物館・美術館の動向[Vol.430]

観光地域研究部 地域戦略室 研究員 磯貝 友希

新型コロナウイルスの感染拡大は、「三密」になりやすく感染リスクが高い屋内集客施設の運営に大きな影響を与えている。博物館・美術館も例外ではなく、東京・京都・奈良・九州の国立博物館4館等公立ミュージアムを始めとして、本年2月・・・

「歴史の語り直し」と観光地の魅力 [コラムvol.409]
  • 観光資源
  • その他

「歴史の語り直し」と観光地の魅力 [コラムvol.409]

観光地域研究部 地域戦略室 研究員 磯貝 友希

 初めてコラムを投稿いたします。観光地域研究部 磯貝です。  学生時代は日本の古典文学を専攻し、「どのように物語が語り継がれていくのか」を研究しました。現在は「歴史や物語が『観光』と結びついて語り直される」事象に関心を持・・・