ギャラリー

 当財団(日本交通公社ビル)のエントランスにあるギャラリーでは、当財団の沿革を紹介する常設展示をはじめ、研究成果などの紹介をする企画展示を定期的に行っています。お越しの際は、ぜひご覧ください。

常設展

  • 観光を通じた豊かな社会の実現に向けて

現在開催中の企画展

    「富士山 公益財団法人日本交通公社の取り組み」(2019年1月~3月)

 日本一の高さを誇り、日本を代表する山である富士山。その姿は、古来より日本人の自然に対する信仰のあり方や日本独自の芸術文化における源泉となっており、その価値を踏まえて2013年、世界文化遺産リストに記載されました。現在、富士山では文化遺産としての価値の認知度向上や登山道の混雑による安全性の低下などが課題となっています。

 今回の展示では、富士山に関する当財団の調査・研究の経緯をはじめ、安全で快適な富士登山を楽しむための「来訪者管理戦略の策定」や、富士山の奥深さに触れてもらうための「REBIRTH!富士講プロジェクト」の概要などをご紹介しています。

 

企画展のパネル(PDF)はこちら

<これまでの企画展>