那須將(研究員略歴)

2017.04.03
那須將
那須 將(NASU Ataru)観光政策研究部 研究員
人々が観光地をどのように見ているか、という認識の方法に関心を持っています。観光客にはそこで見たい(聞きたい、味わいたい、体験したい)ものがあり、それを受け入れる地域の人々にも、立場に応じて見せたいもの・見せたくないもの・踏み込んで欲しくない領域があり、観光地ではそれらが常にせめぎ合っているように感じます。相克する「見かた」の奔流をコントロールし、それらを首尾よく束ねて地域の大きな力とする方法論としての観光計画、ならびにその実現手法を、理論と実践の両面からバランスよく模索していきたいと考えています。

<専門領域>

造園学/風致計画/環境農学(含ランドスケープ科学)

<主な実績>

論文

  • 「20世紀前半の絵葉書にみる大堰川周辺域の景観構成」2016, ランドスケープ研究79(5), 筆頭著者
  • 「日吉大社の神饌にみる明治以降の献進主体および生物資源利用の変化」2014, ランドスケープ研究77(5), 筆頭著者
  • 「賀茂別雷神社における神饌に用いられる生物資源と供給形態」2011, ランドスケープ研究74(5), 筆頭著者

<略歴>

職歴

2012年4月 中日本高速道路株式会社 技術職(造園)
2017年4月 公益財団法人日本交通公社 研究員

 

学歴

2012年3月京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農学)
2017年3月東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程 満期退学

学会

日本造園学会

出身地

長野県

研究員コラム

(最終更新:2017.4.3)