吉澤清良(研究員略歴)

2019.06.06
吉澤清良(YOSHIZAWA Kiyoyoshi)観光文化情報センター長 旅の図書館長 企画室長/主席研究員
 社会の成熟とともに観光も変化し、自然や歴史文化といった従来型の観光資源だけではなく、地域に根ざした生活のあり方や人そのものが魅力的な観光資源として認識されるようになってきました。多様化、複雑化する観光の事象について、“それは何”、“どうして”といった問題意識と、観光まちづくりの主役である地域の皆さんとともに学び行動する気持ちを常に持ち、調査研究を深め、魅力的な観光地づくりに貢献していきたいと考えています。

<専門領域>

 観光計画・戦略の策定/観光資源評価/ユニバーサルツーリズム/人材育成研修等の企画・運営

<主な実績>

自主研究

  • 観光資源の分類や評価とその活用に関する研究(2015-18年度)
  • 温泉まちづくり研究会の企画・運営(2010-14年度)
  • 都道府県や政令指定都市を中心とした観光政策に関する研究(2014年度)
  • 観光基礎講座、観光実践講座、観光地経営講座の企画・運営(2011-14年度)
  • 観光まちづくり財源に関する研究-入湯税を中心として(2013年度)

受託調査研究

  • 「はちのへエリア地域連携DMO」地域ブランドコンセプト構築事業(2018年度:八戸広域観光推進協議会)
  • 観光人材育成支援業務(2016-18年度:東京都・東京観光財団)
  • 地域資源を活かした温泉地活性化に関する調査業務(2017年度:環境省)
  • 秋田県南地域周遊コンテンツ開発促進調査業務(2017年度:秋田県横手市・湯沢市・東成瀬村)
  • リバース!富士講プロジェクト支援業務委託(2015-17年度:山梨県富士山世界文化遺産保存活用推進協議会)
  • 秋田県外国人旅行者受入環境調査業務(2016年度:秋田県)
  • 復興エコツーリズム推進モデル事業フォローアップを通じた他地域への応用手法調査関連業務(福島県相馬市担当)(2015年度:環境省)
  • 半島地域振興のための効果的な情報発信等に関する調査業務(2014年度:国土交通省)
  • 川越市まちなか再生支援事業業務委託等(2013-14年度:川越市)
  • 日本一の観光地づくり事業「福島県観光地実態調査」(2013年度:福島県)
  • 由布市観光基本計画策定業務(2010年度:由布市)
  • 富士山・富士五湖観光圏整備計画策定調査等(2008-10年度:富士山・富士五湖観光圏整備推進協議会)
  • 沖縄県観光バリアフリー化推進事業(2004-06年度)

著書

論文

  • 「観光のグローバル化に対する農山村自治体の意識」2017年度、『森林科学2018.2』、日本森林学会
  • 「地域活性化手法としての“オンパク”に関する基礎的研究」2014年度、日本観光研究学会第29回全国大会論文集(共著)
  • 「一人旅の現状とその特性に関する一考察」平成2013年、日本観光研究学会第28回全国大会論文集(共著)
  • 「観光地におけるバリアフリー化の望ましいあり方」2007年、立教大学溝尾良隆先生退職記念論文集「観光地の持続的発展とまちづくり」)

講演等

  • 秋田県観光連盟総会(2017年度:(一社)秋田県観光連盟)
  • 地域高規格道路大曲・鷹巣道路整備促進フォーラム(2017年度:地域高規格道路大曲・鷹巣道路整備促進期成同盟会他)
  • 平成28年度第3回TCVBミーティング「街を活かす、街を楽しむ ~地域との連携と協働、各地のまち歩きについて」(2016年度:東京観光財団)
  • 福島県県北地域観光誘客促進研究会専門部会委員(2016年度:福島県北地方振興局・超学際的研究機構)
  • 「魅力ある温泉地づくり~今、温泉地の取り組みに必要なことは」(2014年:最上地域雇用創造推進協議会)

<略歴>

職歴

1992年4月研究員
2002年6月主任研究員
2013年4月主席研究員
2015年4月観光地域研究部 次長・主席研究員
2019年4月観光文化情報センター長・旅の図書館長・企画室長・主席研究員

2011-12年度琉球大学観光産業科学部非常勤講師
2013-17年度杏林大学外国語学部観光交流文化学科非常勤講師
2003-05年度
・08-19年度
立教大学観光学部兼任講師

学歴

1992年3月立教大学社会学部観光学科卒業

学会

日本観光研究学会
日本福祉のまちづくり学会
日本森林学会

出身地

埼玉県

研究員コラム

(最終更新:2019.5.21)