アジアの観光研究ネットワーク

 近隣諸外国においては、観光研究者の国際的な活動や交流が急速に活発化していますが、我が国にはそれら各国の「観光研究」の動向や特徴に関する基礎的な情報が少なく、国際学術的な研究情報発信の少なさから我が国の観光研究の存在感は極めて薄いといえます。

 そこで、本研究では、近隣の韓国、香港、台湾やマレーシアを対象として、各国・地域における大学やシンクタンクなどの観光関連の学術研究の取り組みや、社会からの期待に関する情報収集を実施し、日本の観光研究のあり方を探りました。

 2016年度は、国際学会への参加や各国研究者との交流を行い、ネットワークの拡充を図っていくこととします。

直近で開催予定の勉強会

  • 台湾のインバウンド政策に関する勉強会(8/28)
  • これまでの調査結果