観光指標

 持続可能性指標は、これまで海外を中心に研究および観光地における実践が重ねられてきましたが、国内においてはその研究および実践事例はまだまだ少ないのが現状です。しかし、観光地の競合環境のグローバル化が進展する中で、より効果的・効率的な観光施策の実施の必要性が高まっており、持続可能性指標を活用した科学的アプローチによる観光政策および観光地の状況の客観評価の重要性はさらに高まると想定されます。

主な自主研究・レポート

関連コラム

続きを見る

関連受託実績

続きを見る

関連書籍