新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向(その11)

概要

新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向(その11)

公益財団法人日本交通公社 観光地域研究部 市場調査チームでは、 新型コロナウイルス感染症の流行が旅行市場におよぼした影響把握を目的に、定期的に実施している「JTBF旅行実態調査(第1四半期調査期間:2020年5月1~11日、第2四半期調査期間:2020年7月9~15日、第3四半期調査期間:2020年10月1~7日、第4四半期調査期間:2021年1月7~14日)」の調査内容を拡充し、分析を進めています。

今般「新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向(その11)」として、2020年1~12月期の国内旅行実施者を対象に、コロナ禍による旅行への影響、旅行における心理的状況・対策をとりまとめました。
既に公表しているレポート(その2、その7、その9)で分析対象とした1~3月期のデータ(20年5月調査)および4~6月期のデータ(20年7月調査)、7~9月期のデータ(20年10月調査)に、10~12月期のデータ(21年1月調査)を加えて、2020年全体の動向を整理していますので、ぜひご覧ください。

※(2021/10/4追記)4~10ページの内容に誤りがあったため、修正版PDFに差し替えました。また、調査結果のポイントも一部修正しました(赤字箇所)。

報告

【今回の調査結果のポイント】

  • コロナ禍の影響で旅行予定に変更が生じた割合は、4月のピーク(3.5割)から7月にかけて1.5割に減少しました。8~9月は2割弱とやや増加したものの、10月および11月には1割となりました。しかし、12月には再び2割に増加しました。4~5月は1回目の緊急事態宣言下、8月および12月は 第2波・第3波の新型コロナの再流行が懸念されていた時期であり、感染拡大にともない、旅行内容を変更する傾向が確認されました。
  • 旅行実施時の感想について「平時と特段変わらない」は6月から10月にかけて徐々に増加し、4.5割となりましたが、12月には4割に減少しました。3月から7月にかけては、「閑散としていて寂しい」が「想定より混雑」より高い割合でしたが、8月以降はその割合が逆転していることから、少しずつではありますがコロナ禍前の状態に戻りつつあることがうかがえます。
  • Go Toトラベル等旅行割引支援制度の10~12月の利用率は7.5~9割でした。旅行割引制度を利用した旅行のうち、4割強がコロナ禍以前と同程度の予算で旅行内容をアップグレードしています。

成果物

※これまでのレポート(その1~その10)は、こちらからご覧ください。

この研究・事業の分類

関連する研究・事業
発注者 公益財団法人日本交通公社
実施年度 2020年度