マウンテンリゾートの国際化に関する研究(マウンテンリゾート研究会)2021

概要

マウンテンリゾートの国際化に関する研究(マウンテンリゾート研究会)2021

本研究会は、スキーリゾートの国際化の中で、その競争力や持続性を高めていくことを目的に2019年度に創設した。当初、2021年度の北京五輪を一つのマイルストーンとしていたが、2020年度に襲来したコロナ禍によって、事業環境は一変し、事業継続すら危ぶまれる状況となった。これを受け、当面の間は「コロナ禍からの復活」を主たるテーマとして、具体的な情報提供、実践的取り組みを行いながら、地域、事業者の支援を行うこととする。これに合わせ、研究会名も「マウンテンリゾート研究会」に改名し、オールシーズンを対象とした展開とする。

2021年度は、リゾート・レジリエンス・セミナーの開催、1000人モニター実験の実施、検疫システムの展開に取り組み、会員事業者や地域がコロナ禍への対抗策としてより実践的な戦略を講じるための支援を行うとともに、国内テール市場の立ち上げやリフト券のサブスクリプションモデルの導入可否について検討する。なお、1000人モニター実験は、3年間の中で、継続的な受託事業とすることを念頭においたシステム設計、関係者調整を行うとともに、消費者の意識や行動を収集するインフラとし、その分析結果については学術論文の投稿につなげる(学術的知見も収集する)。

他年度の研究・事業

スキーリゾートの国際化に関する研究2020

スキーリゾートの国際化に関する研究2020

スキーリゾート研究会は2020年度で2年目となる研究会で、スキー場やDMOなどの法人会員及び個人会員を構成員としている。日本のスキー場に対する関心は世界的に高まっており、その魅力を象徴的に示すキーワード「Japow」の検・・・

この研究・事業の分類

分野 観光政策・観光地経営 観光マーケティング 危機管理
観光経済 観光産業
観光と社会の潮流 復興
エリア 全国
観光地タイプ リゾート
自主/受託 自主
自主事業区分 自主研究
発注者 公益財団法人日本交通公社
プロジェクトメンバー 山田 雄一 / 工藤 亜稀 / 池知 貴大
実施年度 2021年度