人口減少社会における地域課題解決手段としての観光政策に関する研究2021

概要

人口減少社会における地域課題解決手段としての観光政策に関する研究2021

社会・経済的な発展目標の達成手段として、国や地方自治体による観光活用が顕著に増加している。特に、人口減少社会にあって、地域の持続性が課題となるなか、強力な観光産業を有していなくとも、観光を地域課題解決の手段として活用することへの期待は高い(観光まちづくり)。しかし、地域内のステークホルダーのグループ・組織・機関の権力構造についての研究は十分でない。

そこで、本研究では、観光を主力としていない地域において、観光を地域課題解決に活用する現場において、地域内のステークホルダーのグループ・組織・機関の関係と行動に注目し、誰がどのような考えのもとで、どのような行動をしてきたか、背景にある人間関係や社会課題、社会状況はどうであったか、そのメカニズムを読み解くことを目的とする。

本研究はケーススタディとして3つの観光の取組を掘り下げ、比較し、実際に解決に向けた行動が生まれた要因となったこと(主体と権力構造、行動、社会状況・課題等)を整理する。調査方法は、ステークホルダーのグループ・組織・機関への半構造化インタビューを主とし、分析精度を高めるため、書籍・文献、参与観察、新聞、政策文書などの二次情報と比較対照する。

この研究・事業の分類

分野 観光政策・観光地経営 観光政策 推進体制・組織
観光と社会の潮流 地域社会・住民 持続可能な観光
エリア 全国
自主/受託 自主
自主事業区分 自主研究
発注者 公益財団法人日本交通公社
プロジェクトメンバー 吉谷地 裕 / 磯貝 友希
実施年度 2021年度