観光統計 ~旅行の市場・動向~

「観光地経営」を行っていくためにも、観光客の量や質を把握する観光統計は基本となる情報です。しかしながら我が国の観光分野における観光統計の実態は非常に貧弱な状態にあるのが実状です。この背景には様々な要因が考えられますが、1.観光客数の単位についての知識不足に関する問題、2.観光客のカウント手法技術に関する問題、3.数値を操作してしまう意識の問題の3点などが主に考えられます。また、経済波及効果の増大や成熟市場におけるリピーターの確保に向けては、観光客の満足度や消費額といった質の把握も重要です。
当財団では国や都道府県、市町村の受託調査を多数行っている他、様々なデータや現地情報等を駆使しながら、旅行・観光市場の動向を把握するための研究も行っております。直近1年間の日本人の旅行実態や旅行需要については、「JTBF旅行実態調査」「JTBF旅行需要調査」を実施・分析し、『旅行年報』として毎年発行しています。

主な自主研究・レポート

  • JTBF旅行者調査
    JTBF旅行者調査
     直近1年間の日本人の旅行実態や旅行需要については、「JTBF旅行実態調査」「JTBF旅行需要調査」を実施・分析し、『旅行年報』として毎年発行しています。
  • JTBF旅行者調査
    先読み!マーケットトレンド ~データと現場から探る旅行市場のツボ
     日頃旅行市場の分析を担当している研究者達が、様々なデータや現地情報等を駆使しながら、いま旅行市場に起きている現象と、これからの変化の兆しについてそれぞれの立場から論じていきます。

関連コラム

続きを見る

関連書籍

関連受託実績

続きを見る