ビジネス手法による地域社会・経済の活性化に取り組む観光地域づくり組織に関する研究2021

概要

ビジネス手法による地域社会・経済の活性化に取り組む観光地域づくり組織に関する研究2021

現在、地方部や過疎地等、観光地として確立されていない地域の活性化を目的とした観光関連ビジネスの起業・強化に取り組む新たな組織に注目が集まっている。こうした組織は地域活性化という社会的使命と自組織の持続や組織価値の向上といった事業的使命の双方を成立させるという、ともすれば相反する組織目標の実現に挑戦している。
本研究は観光地として確立されていない地域で活動している「ビジネス手法による地域活性化に取り組む観光地域づくり組織」がこれからの観光地域づくり組織のあり方の一つとして成立し得るのか、成立するために解消すべき課題は何かを議論する基礎的な情報収集・整理し、今後の研究の方向性を見出すことを目的に、組織形成及びビジネス手法開発プロセスの分析、事業スキームとその効果等について研究する。

この研究・事業の分類

分野 観光政策・観光地経営 観光マーケティング 推進体制・組織
観光経済 経済効果 観光産業
エリア 全国
自主/受託 自主
自主事業区分 自主研究
発注者 公益財団法人日本交通公社
プロジェクトメンバー 中野 文彦 / 福永 香織 / 工藤 亜稀 / 山本 奏音
実施年度 2021年度