多様性を持つ新たなツーリズムのあり方についての研究2021

概要

多様性を持つ新たなツーリズムのあり方についての研究2021

近年、海外ではSDGsの「誰一人取り残さない」という理念に対応して、あらゆる人々が旅行に参加できるようにすることを目的とした「インクルーシブツーリズム」について研究が進められており、旅行・観光分野においても多様性の尊重が重要なテーマとなっている。また、国内に目を向けると、少子高齢化の進展によって市場の縮小が見込まれる中、市場の裾野を拡大するという点からも多様化する市場への対応は重要と考えられる。

そのため、多様化する市場の中で本研究では高齢化に伴い増加が見込まれる健康不安を抱える層(健康不安層)とLGBTQの2つのセグメントに着目した。健康不安層とLGBTQは一見共通点はないように見えるが、旅行者の機微な部分に対して相応の配慮が必要という点で共通している。

これらのセグメントが安心して旅行するためには、受け入れ側が適切な配慮やサービスを提供する必要がある。そのため本研究では既存情報の整理やインターネット調査を通じて、旅行者側のニーズを明らかにするとともに先進事例の調査や現地視察・ヒアリングを通じて受け入れにあたっての工夫や課題を整理し、地域で受け入れるために必要な知見を獲得する。

この研究・事業の分類

分野 観光と社会の潮流 ユニバーサルツーリズム
エリア 全国
自主/受託 自主
自主事業区分 自主研究
発注者 公益財団法人日本交通公社
プロジェクトメンバー 相澤 美穂子 / 菅野 正洋
実施年度 2021年度