後藤健太郎(研究員略歴)

2019.06.06
後藤健太郎
後藤健太郎(GOTO Kentaro)観光地域研究部 主任研究員
 私にとって“観光”は非常に身近なものでした。外から人々が訪れ、自然にコミュニケーションが生まれる。そんなまちの姿を原風景に抱きつつ、子供のころに過ごしたまちの記憶を大切に、今観光の仕事に励んでいます。日本各地に残る小さくても豊かな地域の暮らし-大きくなくても、目立たなくても、地域に大切に受け継がれてきた豊かな生き方-をみんなで大切に守り育てたい。そんなことを思いながら、これからも業務に臨みます。

<専門領域>

 観光まちづくり/観光政策・観光計画/観光政策・観光振興における公正公平

<主な実績>

自主研究

  • 外国人旅行者が地域に及ぼす影響に関する研究(2017-2018年度)
  • これからの観光地づくりと観光計画に関する研究(2013-15年度)
  • 観光まちづくり財源に関する研究-入湯税を中心として(2013年度、NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構との共同研究)
  • 温泉まちづくり研究会(2010、2013-16年度)

受託調査研究

  • 国立公園入域料等検討業務(2018年度、環境省)
  • 「チーム新・湯治」運営委託業務(2018年度、環境省)
  • 地域資源を活かした温泉地活性化に関する調査業務(2017年度、環境省)
  • 「国立公園満喫プロジェクト」推進業務(2017年度、環境省)
  • 近江八幡市観光まちづくり・地域部ランディング推進調査業務(2016年度、近江八幡市)
  • 地域が稼ぐためのクラウド等を活用した知的観光基盤整備事業(2016年度、観光庁)
  • 地域新成長産業創出促進事業費補助金(国際化に対応した地域における消費単価向上支援事業)(2016年度、経済産業省)
  • 由布市観光新組織設立推進事業委託業務(2015年度:由布市)
  • 近江八幡版DMO形成計画策定業務委託(2015年度:近江八幡市)
  • 由布市観光新組織設立に関する調査研究委託業務(2014年度:由布市)
  • 阿寒地域魅力向上プロジェクト推進調査業務(2013-14年度:釧路自然環境事務所)
  • ふくしまファンクラブ会員拡大強化事業会員等実態調査業務(2014年度:福島県)
  • 青森県観光基礎調査事業(2013年度:青森県)
  • 福島県による観光関連復興事業実施計画策定の支援等業務(2012年度:観光庁)
  • 阿寒湖温泉・将来土地利用検討調査(2012年度:NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構)
  • 雫石町観光・交流活性化行動計画策定業務(2011年度:(財)東北活性化研究センター)
  • 観光地域づくりに関する調査検討業務(2011年度:観光庁)
  • 由布市観光基本計画策定業務(2010年度:由布市)
  • 訪日外国人の旅行動向に係る統計調査の設計・実施(2010年度:観光庁)
  • 八ヶ岳顧客満足度調査(2010年度:(社)八ヶ岳ツーリズムマネジメント)
  • 観光圏整備補助対象事業の評価等作成業務(2009年度:観光庁)
  • 平成21年度半島振興基本問題研究会(2009年度:国土交通省)
  • サービス産業生産性向上支援調査事業(サービス産業の統計整備・実態把握に関する調査)(2008年度:(財)社会経済生産性本部)
  • 胎内リゾート活性化調査検討業務(2008年度:胎内市)
  • 国際観光地プロモーションモデル事業(2008-09年度:(財)沖縄観光コンベンションビューロー・沖縄県)

著書

研究発表

  • 「企画部門が担当する観光計画策定体制のあり方~宮城県松島町を例として~」、日本観光研究学会第30回全国大会学術論文集、2015年
  • 「合併市における観光計画の策定に関する一考察~由布市観光基本計画を例として~」、日本観光研究学会第29回全国大会学術論文集、2014年
  • 「都道府県における観光計画の変遷に関する基礎的研究」(共著)、日本観光研究学会第27回全国大会学術論文集、2012年
  • 「地方自治体の観光関連条例に関する基礎的研究」(共著)、日本観光研究学会第23回全国大会学術論文集、2008年

原稿執筆

  • 「特集6 観光地域のマネジメントに先立ち必要となる計画管理~鎌倉市観光基本計画~」、機関誌観光文化240号、2019年
  • 「特集4 生活と観光のバランスを考える視点と環境変化への対応~2000年代以降の生活型観光地・由布院の取り組みを通じて~」、機関誌観光文化240号、2019年
  • 「特集1 観光による地域への負の影響にどう向き合うべきか」、機関誌観光文化240号、2019年
  • 「観光の視点で考えるこれからの都市計画」、Planners 都市計画家 2017SPRING、認定NPO日本都市計画家協会、2017年
  • 「観光研究最前線(2)「観光地経営計画」策定の試み―長野県白馬村を例にして」、機関誌観光文化230号、2016年(共著)
  • 「特集2観光産業、宿泊産業、観光地における雇用の状況」、機関誌観光文化230号、2016年(共著)
  • 「自主研究報告(1)わが国の観光計画に関する研究―戦後以降に策定された都道府県の観光計画を対象として」、機関誌観光文化220号、2013年

講演等

<略歴>

職歴

2008年4月財団法人日本交通公社 研究員
2016年6月公益財団法人日本交通公社 主任研究員
2014-19年度立教大学 非常勤講師(2014年度:4-9月)
2015年度首都大学東京 兼任講師(10-3月)

学歴

2005年3月京都大学工学部建築学科卒業
2008年3月東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修了

学会

日本観光研究学会
日本都市計画学会
日本建築学会
日本造園学会

出身地

岐阜県

研究員コラム

(最終更新:2019.05.20)