JTBF旅行者調査

概要

JTBF旅行者調査

公益財団法人日本交通公社では、旅行市場の全体像や実態を把握するため、1998年から旅行者の行動や意識などに関する「JTBF旅行者動向調査」を開始、現在は「JTBF旅行意識調査」「JTBF旅行実態調査」の2つの調査に引き継ぎ、中長期的な統計データを社会に提供しています。

「JTBF旅行意識調査」は、国民の人口構成に近いパネルを確保して中長期的な国民の旅行に対する意識について把握することを目的とした調査であり、通常は年1回、コロナ禍においては調査回数を年2回に増やして実施しています。

「JTBF旅行実態調査」は、国民の旅行実施内容を旅行目的、同行者、旅行先、旅行先での行動などで把握することを目的とした調査であり、四半期ごとに実施しています。全体調査とトリップ調査から成り、トリップ調査は当該期間中に観光旅行を実施した人を対象としています。

成果物

新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向

新型コロナウイルス感染症の流行が旅行市場におよぼした影響把握を目的として、拡充実施した調査・分析結果を順次公開しています。

国立公園に関する旅行意識

2016年3月に政府がとりまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」の柱の一つとして“国立公園”が位置づけられ、「国立公園満喫プロジェクト」が進められてきました。
「JTBF旅行意識調査」において、2016年、2021年と国立公園に関する旅行意識を調査しました。

観光トレンドレポート

「旅行意識調査」「旅行実態調査」の調査結果を活用し、観光トレンドに関するレポートを公表しています。

これまでの調査結果(『旅行年報』より)

『旅行年報2022』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2021』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2020』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2019』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2018』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2017』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2016』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2015』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

『旅行年報2014』第Ⅰ編 日本人の旅行市場【PDF】

「JTBF旅行者動向調査」2000~2009年実施分ローデータの学術利用について

https://www.jtb.or.jp/research/research-survey-data-access/

この研究・事業の分類

関連する研究・事業
発注者 公益財団法人日本交通公社