温泉まちづくり研究会2022

概要

温泉まちづくり研究会2022

本研究会は、2008年度の設立以降、熱意ある温泉地が共同し、共通する温泉地の活性化に資する課題について、解決の方向性を探り、実践・検証することを目的に活動を行っている。

2022年度は、ポストコロナの社会変化への対応に向け、ポストコロナ社会において世界から選ばれ続ける温泉地として特に重要な「環境」をテーマとして、会員温泉地や国内の制度・事例とともに、欧州の「住民」と「中小企業」を重視したサスティナブル・ツーリズムの取組に着目し、温泉地・宿泊施設が取組むべき環境対策やその見える化・発信方法について、会員温泉地の取組や国内・海外事例等を研究する。

他年度の研究・事業

温泉まちづくり研究会2021

温泉まちづくり研究会2021

本研究会は、温泉地が抱える共通の課題について解決の方向性を探り、温泉地の活性化に資することを目的に7つの温泉地とともに活動を行っている。2021年度は、温泉「地」での滞在を世界にブランディングし、バカンス需要が集まるDe・・・

温泉まちづくり研究会2020

温泉まちづくり研究会2020

本研究会は、温泉地が抱える共通の課題について解決の方向性を探り、温泉地の活性化に資することを目的に7つの温泉地とともに活動を行っている。「今こそ考えるべき中長期視点での温泉まちづくり」をテーマとし、昨年度から議論・研究を・・・

この研究・事業の分類

分野 観光政策・観光地経営 観光政策 観光マーケティング 人材育成 推進体制・組織
観光経済 観光産業
エリア 全国
観光地タイプ 温泉観光地
自主/受託 自主
自主事業区分 自主研究
発注者 公益財団法人日本交通公社
プロジェクトメンバー 中野 文彦 / 山田 雄一 / 山本 奏音 / パク ウンビョル / 小川 直樹
実施年度 2022年度