観光調査・研究実績

観光調査・研究レポート一覧

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏<br />2.「観光」における取り組み(2)

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏
2.「観光」における取り組み(2)

●初めての著書 市販の書籍で初めて出版したのが『旅行業』(図3)という共著本です。東洋経済新報社から1986(昭和61)年に出版されました。それまで小論文はたくさん書いていましたが、本を出したのは初めてでした。 本が出版・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏<br />2.「観光」における取り組み(1)

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏
2.「観光」における取り組み(1)

(1)観光分野で何をやってきたのか ●外人旅行中央営業所での仕事 株式会社日本交通公社に入社して、私が最初に配属されたのが外人旅行中央営業所西米課団体係です。私たちより3年前までは、大学卒採用は10人以下で、その人たちは・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏<br />1.「観光」への接近

観光地づくりオーラルヒストリー<第4回>溝尾 良隆氏
1.「観光」への接近

観光研究への意欲が新たな道を切り開く -民間から大学へ、実務の経験を学術に活かして観光学の発展に貢献                (前)帝京大学経済学部 教授、(元)立教大学観光学部 教授 溝尾良隆氏 (現 公益財団法・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏<br />5.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏
5.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

この提言も観光プランナーという立場で、以下の4点を挙げたいと思います。 ①観光の意味・意義と共にふるさと磨きの必要性を国民一人一人が自覚すること 今、日本の観光で一番課題だと思うのは、観光の意味を非常に狭い従来型の観光業・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏<br />4.「観光」の計画とその実現 

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏
4.「観光」の計画とその実現 

(1)私が関与した「観光計画」は実現したか   ●観光施設としては、盛岡手づくり村を除いて反省点も多い 観光施設については、「盛岡手づくり村」「寒河江チェリーランド」「南陽クアパーク」「棚倉スポーツランド」、千葉県大網の・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏<br />3.「観光」に関する失敗と反省

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏
3.「観光」に関する失敗と反省

(1)我が国の観光の何が問題か いろいろ問題はありましょうが、前出してきたように観光プランナーという立場で、具体的にやってきた経験に基づいて挙げるとすれば、以下の4点です。 ①「観光」に対する捉え方が明確に共有されていな・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏<br />2.「観光」における取り組み(2)

観光地づくりオーラルヒストリー<第3回>前田 豪氏
2.「観光」における取り組み(2)

(2)観光分野での業績や功績   ●観光プランナーとして「実現すること」を前提として取り組んできたこと 改めて「観光分野での業績や功績」と言われますと、怯んでしまいます。前述したような観光調査や計画の総数は、延べ約400・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏<br />4.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏
4.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

(1)これからのわが国の観光、観光地づくりに必要なことは何か ●自由時間(活動)と長期休暇の制度化 万国共通、どこの国の人間にも共通するキーワードは、時間です。僕は人間と観光を考える原点の一つに「自分の時間(自由時間)に・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏<br />3.「観光」に関する失敗と反省

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏
3.「観光」に関する失敗と反省

(1)観光分野で何を失敗し、何を反省しているか 当然、反省はいろいろありますが、我々観光に関わる専門家が、これまで観光をする人―観光“者”を観光“客”―マーケットとしか見てこなかったのではないということがあります。 改め・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏<br />2.「観光」における取り組み

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏
2.「観光」における取り組み

(1)観光分野で何をやってきたのか・観光分野での業績 僕のJTBF時代を改めて振り返ると、前半は観光資源調査とスキー場関連、後半はリゾート絡み、そして温泉観光地や旅館とのつきあいは長く続いたということになると思います。 ・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏<br />1.「観光」への接近

観光地づくりオーラルヒストリー<第2回>原 重一氏
1.「観光」への接近

【PDF版(1.94MB)】 観光コンサルタントのプロを目指して 財団法人日本交通公社調査部での35年の軌跡 ― 観光者あっての観光地づくりと個性を活かしたプランナー育て ― 元(財)日本交通公社 常務理事 原重一氏  ・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏<br />5.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏
5.これからの「観光」・「観光地づくり」・「観光計画」への提言

-元(株)ラック計画研究所 代表取締役社長 三田 育雄氏 1939(昭和14)年東京生まれ。造園学をベースに実践から学術の領域まで幅広く活躍。造園から観光計画、そして地域計画へ。 (1) 「よい観光地」とは ●「暮らし」・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏<br />4.「観光」の計画とその実現 

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏
4.「観光」の計画とその実現 

-元(株)ラック計画研究所 代表取締役社長 三田 育雄氏 1939(昭和14)年東京生まれ。造園学をベースに実践から学術の領域まで幅広く活躍。造園から観光計画、そして地域計画へ。 (1) 川場村とのつきあい-公私を超えた・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏<br  />3.「観光」に関する失敗と反省

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏
3.「観光」に関する失敗と反省

-元(株)ラック計画研究所 代表取締役社長 三田 育雄氏 1939(昭和14)年東京生まれ。造園学をベースに実践から学術の領域まで幅広く活躍。造園から観光計画、そして地域計画へ。 (1) わが国の観光の何が問題か ●国の・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏<br />2.「観光」における取り組み

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏
2.「観光」における取り組み

-元(株)ラック計画研究所 代表取締役社長 三田 育雄氏 1939(昭和14)年東京生まれ。造園学をベースに実践から学術の領域まで幅広く活躍。造園から観光計画、そして地域計画へ。 (1) 観光分野で何をやってきたのか ●・・・

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏<br /> 1.「観光」への接近

観光地づくりオーラルヒストリー<第1回>三田 育雄氏
1.「観光」への接近

【PDF版(1.55MB)】 -元(株)ラック計画研究所 代表取締役社長 三田 育雄氏          1939(昭和14)年東京生まれ。造園学をベースに実践から学術の領域まで幅広く活躍。造園から観光計画、そして地域計・・・

DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2017年度版)

DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2017年度版)

本調査は、平成24年より株式会社日本政策投資銀行(以下、「DBJ」)が継続的にアジア8地域(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)の旅行嗜好の変化や訪日経験の有無によるニーズの違いを把握す・・・

観光資源の今日的価値基準の研究(『観光文化』222号より)

観光資源の今日的価値基準の研究(『観光文化』222号より)

調査研究専門機関として50周年を迎えることを契機とし、当財団が長年にわたって継続してきた「全国観光資源台帳(1974年・1999年)」の趣旨を継承しつつ、今日の観光動向および観光活動の変化を勘案した「評価の枠組みの再構築・・・

観光資源の評価に関する研究~“特別地域観光資源”の魅力と評価について(『観光文化』234号より)

観光資源の評価に関する研究~“特別地域観光資源”の魅力と評価について(『観光文化』234号より)

当財団では、1968年(昭和43年)から観光資源の評価に関する研究に取り組んでいる。観光資源の魅力の基準を整理するとともに、その基準に沿って全国の観光資源を選定し「全国観光資源台帳」として取りまとめ、その台帳を適宜更新し・・・

国立公園に関する旅行意識 ~JTBF旅行意識調査トピックス~

国立公園に関する旅行意識 ~JTBF旅行意識調査トピックス~

当財団では、日本人の旅行意識に関する調査を毎年実施し、その結果の一部は、10月発行の「旅行年報」に掲載しています。 今回は、調査結果の中から、2016年3月に政府がとりまとめた『明日の日本を支える観光ビジョン』の中で活用・・・

\