研究員紹介・コラム

旅行者動向

観光地域づくりの新しい地平 [コラムvol.485]
  • 観光と社会の潮流
  • 旅行者動向

観光地域づくりの新しい地平 [コラムvol.485]

理事/観光政策研究部長 主席研究員/博士(社会工学) 山田 雄一

ポスト・コロナで何を目指すのか 2023年は、2020年初頭から始まったCOVID-19によるダメージから回復していく年となっていくことだろう。100年前のスペイン風邪以来と言われた大規模な感染症被害から、ようやく国際社・・・

2023年に向けて“足もとからの再興を” [コラムvol.484]
  • 観光と社会の潮流
  • 旅行者動向

2023年に向けて“足もとからの再興を” [コラムvol.484]

調査役/主席研究員(出向予定) 吉澤 清良

東京都庭園美術館にみる旅行マインドの高まり 当財団は公益事業の一環として「旅の図書館」を運営している。その図書館に、本年3月、ご縁があって「東京都庭園美術館」の方が相談に来られた。聞けば、「移動の自由を制限された2年あま・・・

コロナ禍が続く中でのMICEの状況と今後 [コラムvol.482]
  • 旅行者動向
  • 観光と社会の潮流

コロナ禍が続く中でのMICEの状況と今後 [コラムvol.482]

観光地域研究部 地域戦略室長/観光地づくり講座プログラム長/上席主任研究員 守屋 邦彦

はじめに 新型コロナウイルスの感染が発生してから約3年が経過しようとしている。依然としてコロナ感染が拡大する時期が断続的に生じてはいるものの、2022年に入ってからは世の中の新型コロナに対する雰囲気も随分と変化してきてい・・・

コロナ禍で加速したキャンプブームは旅行市場を拡大させるか? [コラムvol.478]
  • 観光経済
  • 旅行者動向

コロナ禍で加速したキャンプブームは旅行市場を拡大させるか? [コラムvol.478]

観光地域研究部 環境計画室 研究員 武智 玖海人

コロナ禍を経て「キャンプブーム」が加速しています。観光庁「旅行・観光消費動向調査」によると、2021年の国内宿泊観光・レクリエーション旅行におけるキャンプ場利用率は6.5%と、2020年から2.4ポイント増となりました。・・・

コロナ禍における旅行市場の変化3 [コラムvol.474]
  • 観光と社会の潮流
  • 旅行者動向

コロナ禍における旅行市場の変化3 [コラムvol.474]

観光政策研究部 社会・マネジメント室長/上席主任研究員 五木田 玲子

3年ぶりの外出制限のない夏休みを迎え、旅行市場は賑わいをみせています。一方で、新型コロナウイルス新規感染者は過去最多を更新、医療機関にも影響が出ており、油断できない状況が続いています。今回は、前回のコラムに続き、コロナ禍・・・

コロナ禍を経て変わった!?訪日外国人旅行者の旅行会社ニーズ [コラムvol.471]
  • 観光経済
  • 旅行者動向

コロナ禍を経て変わった!?訪日外国人旅行者の旅行会社ニーズ [コラムvol.471]

観光政策研究部 活性化推進室 主任研究員 柿島 あかね

コロナ禍を経て変わる訪日旅行時のニーズ つい先日、訪日外国人旅行者の受入に向け、観光庁によって試験的に小規模ツアーが実施されることになり、海外からの旅行者が日本に到着しました。また、政府は6月から観光目的の外国人旅行者の・・・

ブレジャー旅行者の特性と地域における取組み [コラムvol.465]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営
  • 観光と社会の潮流

ブレジャー旅行者の特性と地域における取組み [コラムvol.465]

観光地域研究部 地域戦略室長/観光地づくり講座プログラム長/上席主任研究員 守屋 邦彦

はじめに 新型コロナウイルスの感染拡大により、仕事と休暇を組み合わせた滞在型旅行が「新たな旅のスタイル」として位置付けられ、その推進のため様々な取り組みが展開されているが、この新たな旅のスタイルの一つに、出張等の機会を活・・・

小笠原諸島の11年間と今 ―独自調査とコロナ対策から [コラムvol.459]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営

小笠原諸島の11年間と今 ―独自調査とコロナ対策から [コラムvol.459]

観光観光文化振興部 企画室 研究員 仲 七重

東京・竹芝から船で24時間、太平洋を南下し辿り着くのは、世界自然遺産の島、小笠原諸島です。 大陸と陸続きになったことがない海洋島であるため、独自の進化を遂げた固有種の植物や生物が生息しています。また、ボニンブルーと呼ばれ・・・

温泉withコロナのあり方とは?コロナ禍を経て見えた温泉の魅力とこれから [コラムvol.458]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営

温泉withコロナのあり方とは?コロナ禍を経て見えた温泉の魅力とこれから [コラムvol.458]

観光地域研究部 環境計画室 研究員 武智 玖海人

新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の流行以前と比べて、人気が高まっているのが「温泉」です。当財団が実施している「JTBF旅行意識調査(2021年5~6月調査)」の結果によると、今後1~2年間に行ってみたい旅行タ・・・

コロナ禍における旅行市場の変化2 [コラムvol.456]
  • 旅行者動向
  • 観光と社会の潮流

コロナ禍における旅行市場の変化2 [コラムvol.456]

観光政策研究部 社会・マネジメント室長/上席主任研究員 五木田 玲子

観光庁「旅行・観光消費動向調査」によると、2020年の国内宿泊観光・レクリエーションにおける延べ旅行者数は9,183万人で、前年比46.5%減となりました。

ペット飼育世帯は旅行に行かない? [コラムvol.455]
  • 旅行者動向
  • 観光と社会の潮流

ペット飼育世帯は旅行に行かない? [コラムvol.455]

観光政策研究部 社会・マネジメント室 研究員 工藤 亜稀

はじめに 2020年に日本国内で犬を飼育している世帯は約680万世帯と言われており、これは全世帯の11.9%にのぼります(※1)。筆者も昨年から犬(ジャックラッセルテリア)を飼い始め、先日1歳の誕生日を家族で祝いました。・・・

「ラケット理論」の検証(インバウンド編) [コラムvol.454]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営

「ラケット理論」の検証(インバウンド編) [コラムvol.454]

観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員 菅野 正洋

背景 観光研究の分野では、観光地(デスティネーション)の範囲や大きさが、旅行者にどのように認知され、規定されるのかを表現する概念として、「ラケット理論」がよく知られています。これは、「出発地となる居住地(自宅)から観光対・・・

メガスポーツイベントによるインバウンド誘客の可能性 -幻となった東京2020大会観戦チケット付パッケージから考える- [コラムvol.452]
  • 旅行者動向
  • 観光経済

メガスポーツイベントによるインバウンド誘客の可能性 -幻となった東京2020大会観戦チケット付パッケージから考える- [コラムvol.452]

観光政策研究部 活性化推進室 主任研究員 柿島 あかね

先日、東京2020オリンピック競技大会(以下、「東京2020大会」)が閉幕しました。新型コロナ感染対策の一環としてバブル方式が取り入れられたことにより、当財団オフィス(南青山)からわずか1.5km先で競技が行われていても・・・

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]
  • 旅行者動向
  • 観光資源

御城印、御宿場印-広がる“御朱印”の世界 [コラムvol.451]

観光地域研究部 地域戦略室 研究員 磯貝 友希

近年、御城印、御宿場印といった、神社仏閣でいただく御朱印とは異なる“御朱印”の世界が静かに広がっている。神社仏閣の御朱印と同様に、筆書きの文字、朱印、日付などが記入されたものをいただき、集印帳に集めていくものだ。 この“・・・

消費者から見たオンラインツアー [コラムvol.443]
  • 観光と社会の潮流
  • 旅行者動向
  • 観光経済

消費者から見たオンラインツアー [コラムvol.443]

観光政策研究部 活性化推進室長/上席主任研究員 中野 文彦

 コロナ禍における新しい観光の形の一つとして、オンラインツアーに注目が集まっています。筆者はコロナ禍における観光地の取り組みとしてオンラインツアーについて調査していますが、今回は「消費者サイド」から見たオンラインツアーに・・・

コロナ禍における旅行市場の変化 [コラムvol.438]
  • 旅行者動向
  • 観光と社会の潮流

コロナ禍における旅行市場の変化 [コラムvol.438]

観光政策研究部 社会・マネジメント室長/上席主任研究員 五木田 玲子

旅行市場の二極化  コロナ禍において、旅行者数は大きく減少しました。観光庁「観光・消費動向調査」によると、7~9月の国内宿泊観光・レクリエーションにおける延べ旅行者数は2,837万人で、前年同期比47.3%減となりました・・・

Go Toトラベルキャンペーンの効果と実施期間延長への期待 [コラムvol.436]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営
  • 観光経済

Go Toトラベルキャンペーンの効果と実施期間延長への期待 [コラムvol.436]

 長いようにも感じ、また短かくも感じたこの2020年が暮れようとしている。  武漢発の新型コロナウイルスがもたらした我が国旅行市場への影響は、甚大かつ長期にわたっている。新規感染者数は拡大と収束を繰り返して、今は第3波の・・・

「ステイケーション」を通して考えたこと[Vol.435]
  • 旅行者動向
  • 観光経済
  • 観光と社会の潮流

「ステイケーション」を通して考えたこと[Vol.435]

観光文化振興部 企画室長/上席主任研究員 菅野 正洋

例年と違った夏休みの家族旅行  個人的な話題で恐縮ですが、筆者はここ数年ほど、夏休みは家族で国内外の観光地に旅行してきており、家族の中では毎年の一種のルーティンとなっています。  ただ、今年は新型コロナウィルス感染症(C・・・

訪日インバウンド市場の再開に向けて ―コロナ禍でも高い訪日意向を維持するために今発地でできることとは―[Vol.431]
  • 旅行者動向
  • 観光政策・観光地経営
  • 観光と社会の潮流

訪日インバウンド市場の再開に向けて ―コロナ禍でも高い訪日意向を維持するために今発地でできることとは―[Vol.431]

観光政策研究部 活性化推進室 主任研究員 柿島 あかね

 2020年に入り、私たちの生活は新型コロナウイルスの世界的流行により一変しました。半年以上の時間をかけ、私たちは新型コロナウイルス以前には戻れないこと、新型コロナウイルスとともに別の道を歩んでいく必要があることを理解し・・・

「インバウンド富裕層は高級ホテルに泊まる」は本当か?[Vol.423]
  • 観光経済
  • 旅行者動向

「インバウンド富裕層は高級ホテルに泊まる」は本当か?[Vol.423]

観光地域研究部 環境計画室 研究員 武智 玖海人

 前回のコラムでは、熊野古道が外国人旅行者から評価を得ている要因について、インバウンドのホスト側である宿泊施設に着目して考察しました(なぜ熊野古道は欧米豪の旅行者に評価されるのか?[コラムvol.398])。今回のコラム・・・